備えあれば憂いなし 子供を守るための地固め術

色んな経験をさせてあげることは、子供の成長に大きく影響します。「かわいい子には旅をさせろ」というように、かわいいからこそチャレンジをさせてあげることが大切です。

学校に通うことも集団生活の中の行動を学ぶ勉強ではあるのですが、当然学校では見守ってあげることができません。お友達とトラブルになったり、先生に心ないことを言われてメンタル面に傷を負ってしまうこともあります。そのようなときに、親としてすぐに対処をするには、普段からの準備が必要です。具体的にはどのような準備が必要なのでしょうか。

1.窮鳥懐に入れば猟師も殺さず

普段から仲のよいママ友とは密に連絡を取りがちですが、どうしても苦手なママ友は存在するもの。しかし、苦手なママを放置して敵に回してしまうと、後々やっかいなことになりかねません。わが子を守るためには、苦手ママの懐に入っておくことが大切です。

と言っても、深入りする必要はありません。にこやかに挨拶をしておけば、よい印象が残りますね。参観日や懇談会など、ママ友がたくさん集まる場で、軽く挨拶をしておいて、誰の親かだけでも分かるようにしておくだけでも効果があります。

嫌味をお構いなしに言ってくるようなママでも、「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」というように、逃げ場を失った鳥が懐に入れば、猟師も殺すことまではしません。学校でいじめられてしまったけれど、子供から状況を上手に聞き出せないときなど、苦手ママ友を克服しておけば、最終的に味方になってくれるのです。仕事で忙しい方も、できる範囲でママ友の和を広げておきましょう。

2.寄らば大樹の陰

自分で解決できないようなピンチに陥ったとき、心配をかけてはいけない、怒られるのではないかという気持ちから、なかなか打ち明けられないお子様もいます。そのようなときに、すぐに相談しようと思えるように、普段から子供が話しやすい状況を整えておくことが重要です。

幼い頃からの積み重ねが必要ですが、その日起こった出来事を聞くように習慣づけておくと、自然と子供から話してくれるようになります。思春期には話しにくくなることもありますが、最近では現代版の交換日記とも言えるLINEなどのツールも活用できます。お父さんには言えないけれどお母さんになら言えるという場合でも、LINEであれば内緒にできる安心感がありますね。特別に何かあったことでなくても、ささいなことを話し合える状況にしておけば、何でも受け止めてくれるという信頼感につながります。

「寄らば大樹の陰」といいますが、やはり困ったときは、一番安心できるところにすがりたくなりますから、親が一番と少しでも思ってくれていたら、問題が起こってから「こんなこと私には話してくれなかった。」というようなことも防ぐことができるのです。そして、このような状況を作るには、親からのアプローチが必要です。1日5分でも話を聞く時間を取る、朝食だけでも一緒にとるというようなことでも、有効です。そのような時間が取れているか、また取れていない場合は無理なく取ることができる時間はあるか、ライフスタイルを見直してみてください。

3.水は方円の器に随う

水は入れ物の形によって姿を変えるように、人間も環境によって良くなったり、悪くなったりします。学校の雰囲気も影響するでしょう。しかし、心が繋がっていて常に安心感をもっている子供は、悪い分陰気の中にいても、自信があふれ、上手に世間を渡ってくれるでしょう。心の拠りどころがなければ、自信を持つことができにくくなってしまいます。
いつもぴったりくっついておくことはできませんが、相談しあえる状況を作り、ママ友も味方につけておけば、後は子供を信頼して送り出してあげるだけです。あれもこれもと親が手を出してしまいたくなりますが、時には子供を信頼することも必要なのです。

このように、地を固めて備えておくことで、子供に何が起こっても、すぐに対応することができます。準備をしすぎてもいけませんし、しなさすぎてもいけませんのでバランスは難しいですが、ちょっとした心がけだけでも変わってきます。主婦は忙しさのあまり見過ごしてしまうことも仕方ないのですが、お子様やママ友との接し方について、振り返ってみてはいかがでしょうか。

1歳半のなんでも「自分でやるやる」子供の成長

1歳になった時はやっと1歳だねと喜び早く歩いて欲しいなと思っていましたが、1歳半になるともう大変です。

全て自分でやりたくて、危ないから駄目だよと一言でも言えばギャン泣き。
男の子だと力も強く、本当に2歳未満の赤ちゃんだろうかと思う程です。

ご飯を食べる時は自分でスプーンを持ちたがり、オカズも自分でフォークで食べたがる。
でも、使ってくるのは最初の方だけで後半は手で食べます。
食事の後のお片付けが大変です。

今までは赤ちゃん用のストロー付き水筒で水を飲んでいのに、1歳半になると大人と同じ様にコップで飲みたがります。

でも、スプーンを使って自分でご飯を食べようとしたりコップで水を飲んだりしようとする事はとてもいい事。
やっと自分で食べれるまでなったねと微笑ましい食事の時間でもあります。

少しずつ言葉も喋り始め、車をぶぅぶーと言ったり自分の大好きなアニメのキャラクターの名前が言えるようになったりします。

体重も1歳の時より重くなり長時間の抱っこも大変になってきます。

ひとり歩きが出来るようになり、お外にお出かけをするとあまり手を繋いでくれなくなります。
手を繋ごうとすると、もう子供も必死の抵抗で泣き始めてしまうことも。

まだ1歳半だからお外が危ないという事も知らないので一瞬目を離した隙に車道に出てしまう事もあります。

お外にお出かけをした時は子供から目が離せません。

色んな事に興味が湧いて、なんでも触りたがります。
ペンを握ればそこが何処であろうと子供にはキャンパスです。

まだ1歳未満の時は子供が寝ている時間など少しでも家事が出来たりもしますが、1歳をこえると子供が遊んで散らかしたものを片付けたり、玩具で遊ぶのが飽きたら抱っこと迫られたり、それだけで疲れてなかなか家事が進まなかったりします。

やっと1日の終わりが見えてきて、さぁ寝るぞと布団に入ればすぐ寝てくれるわけでもなく、子守唄を歌わないと寝ない子供もいますよね。

子供を出産したのがつい昨日の様に感じるのに、もう1歳半まで成長して自分でやりたがるまでに大きくなり嬉しい気持ちと、あまりにも時間の流れが早いことに驚きもある日々です。

男の子は歩けないのか

子供が生まれ前、私は自分の子供と手を繋いで歩くのが夢だった。
そして念願叶って長男が生まれ、公園で遊ぶような年頃になった頃。私は長男とは手を繋いで歩けないことを知って愕然としたのだった。

だって歩かないんだよ。走り続けるんだよ。どこまで走る長男。「待って!危ないから止まりなさい」と言いながら追いかける私。

違うよ。鬼ごっこがしたかったわけじゃないんだよ。

そうして鬼ごっこに疲れた私は手を繋いで歩くのを諦め、長男は自転車の幼児用の椅子に乗せて移動することになるのだった。

長男が3才の時に次男がおなかにできて、ますます走れなくなった私はでかいおなかを抱えて自転車に長男をもって乗せて、買い物や産婦人科に通うはめに。

それは次男が産まれる直前まで続き、よくもでかいお腹で子供を乗せて自転車に乗ったものだよなぁと自分でも感心する。

次男が産まれ、まだ赤ちゃんの次男を連れて連日の公園通いが始まった。
そりゃもう長男は野性的で公園では裸足で駆け回り、戦いごっこを挑んではよそのママさんに、「ホントに叩かないで、真似だけにして!」と良く怒られたものだ。

しかし、真似だけの戦いごっこって何よ?子供は多少叩いたり叩かれたり市ながら成長するもんなんじゃないの?

そんな公園通い。長いときは朝から夕方まで公園にいましたさ。途中お昼にパンを買って公園で食べたりしてね。誰とでもすぐに仲良くなる息子のお陰で私にもママ友達がたくさんできたのでした。

それから数年たち次男も公園で遊ぶ年頃となり、私は気がついた。同じように育てても同じような性格になるわけじゃないんだって。

朝5時に起きて「公園行こうぜー」(誰もいないよ。。)と叫ぶ長男と違い、次男はいつまでもごろごろパンダみたいに寝転がっているのだ。

このテンションの違いは何?そして次男で初めて、子供と手を繋いで歩くという夢を叶えたのだった。

男の子は歩かないと思っていたのだけど、違うね。長男が歩かないだけだった。育児はホントに奥深くて面白いよ。

現在長男高校生。歩いてます。落ち着きはないけどね。

文字を覚え始めた子供に怖いものはない

ひらがなに興味を持ってくる時期になると、文字が書いてある事が気になるらしく、大人が気が付かないようなことでも、

「ねえ、何て書いてあるの?」

と聞いてくることが多くなります。
子供からすれば、大人は何気なく文字を読んでふんふんと理解しているのがたまらなく悔しいみたいです。

それはテレビでも、絵本でも、街中でも、気になったその時に聞いておかないと損する!というような執念にも似た叫びに聞こえます。
みんなはわかってるのに、自分は文字が読めないというだけで、ママやパパと同じ感覚を共有できていないんだ、文字を覚えて自分も絶対仲間に入ってやる!という強い意志です。

子供の本能っていうのは本当に強いんだなと感じさせられることもあります。
覚えさせようと練習帳を開いて、「ほらなぞってごらん」といきなり学習モードに入っても、子供は知らんぷりです。
一応目をちらりと向けても、すぐに他に気が逸れて勉強させるのはほぼ不可能に近いです。

ところが、テレビを見ていて思わず一緒に見ていた大人が笑った時に、何て書いてあるの?と聞いてくるようになってから、あれは〇〇って書いてあるよと真剣に答えてあげていると、しばらくするうちに

「あ、ここに『あ』って書いてある」
「ママって書いてあるよね」

と発言するようになります。
その習得のスピードにびっくりするのは周囲の大人です。
例えば「ママのデータ」と言う内容でゲームをセーブしてあっても、あっという間に子供にバレてセーブデータをめちゃくちゃにされた、というエピソードもあります。

実際の生活のなかで興味を持ち、楽しみながら学習することの効率の良さを実感する瞬間です。
無理に覚えさせようとするよりも、本人が興味を持つように一緒に遊んだり声に出したりすることが大切です。また大人自身が興味を持つことも重要なことです。

強制的に勉強させることがいいという意見もあるかもしれませんが、子供の時から無理にストレスをかけてまで勉強させることは必ずしもいいことだとは思いません。

子供が楽しそうにしていたら、周りの大人も一緒になって覚えることを楽しんでみましょう。